皆様こんにちは、今回は「喪中はがき」について触れたいと思います。
ここで記述する事柄は一般的なケースで、地方や慣習によっては様々ですので、ご了承ください。

喪中とは

喪中とは、身内に不幸があった場合、残された家族が喪に服す期間のことです。
昔は死が穢(けが)れると考えられており、一定期間は謹慎して身を清めるという習わしがありました。この期間を「忌服(きぶく)」または「服忌(ぶっき・ぶくき)」と言い、続柄によってその日数は異なります。
また、各地域や宗教、宗派によっても期間がことなるようです。しかし、本来ならすでに喪が明けている場合でも、喪中の期間を一周忌までとして、一年以内の不幸は喪中はがきを出すことが現代では定着しています。

喪中の間は新年の挨拶(年賀状)や初詣、正月飾り、新年会や結婚式などの祝い事などの参加を控えます。
ただし、不幸が起きる前に参加の決まっていた慶事であれば、喪中でも出席する場合があります。

喪中はがきとは

喪中はがきは、近親者で一年以内に不幸があった場合、「喪中のため、新年の挨拶を辞退します」という旨を知らせる挨拶状(年賀欠礼状)のことです。

喪中はがきを送る時期

先方が年賀状を書く前に送ります。
あまり早く出すと相手が喪中であることを忘れてしまうので、11月初旬から遅くとも12月上旬までに先方に届くように出すと良いでしょう。

差出人名の記述

喪中はがきを出す家の当主、配偶者までの記載が一般的です。
通常は、年賀はがきのように子供の名前などを連名では記載しません。

喪中はがきを送る相手

年賀状をやりとりしている方全員に出すのが一般的のようです。ただし、仕事関係者などには通年通り年賀状を用意するなど、使い分ける場合もあります。

喪中の範囲

自分を中心に見た場合の配偶者、一親等(両親・子供)と同居している二親等(祖父母・孫・兄弟姉妹)までの親族を指すのが一般的です。同居していない祖父母や他の近親者などは、本人の気持ちや地域の慣習にならうのが良いでしょう。

喪中はがきの内容

文面には誰が亡くなったのかわかるように、故人の名前・続柄と、いつ亡くなったのかを書きます。
故人の事は書かず、新年の挨拶を辞退する旨のみ書かれたものもありますが突然、友人・知人より喪中はがきが送られてきて、誰が亡くなったのか分からなくて慌てて問い合わせるというケースがありますので、できれば故人の名前や続柄は書いておきましょう。
最近、喪中はがきに「結婚しました」「子供が産まれました」や「引っ越ししました」などの近況報告を書かれる場合がありますが、本来は年賀状を欠礼する事を知らせる為の挨拶状なので、追伸(特に祝い事など)は書かないのがマナーです。
喪中はがきとは別に、お正月を過ぎてから寒中見舞を出すなどでお知らせすると良いでしょう。



   Yahoo!ブックマークに登録   グーグルブックマークに登録   はてなブックマーク   RSSフィード   ATOMフィード   このページのトップへ